Twitter

    follow me on Twitter

    2009年3月4日水曜日

    いたずらされそうなので

    Linux boxでdmesgしたら


    TCP: Treason uncloaked! Peer 221.125.136.151:59945/7144 shrinks window 2426909468:2426910882. Repaired.


    なんてあやしいメッセージが出てたので、そこあたりのip addressからのアクセスを捨てるようにしてやった。って、ルータで実在にしない内部のアドレスにport fowardingする設定にしたんだけど、こういう方法でいいのかしら。Linux boxで/etc/hosts.denyの設定が利用できればそれを使うのだけど、peercastサーバはtcp wrapperから呼び出されないので利用できない。

    2 件のコメント:

    まぐま さんのコメント...

    Puppy君?をマルチブートで使いたかったが、あほな私には無理なので止めました。たいした事はしないので良いでしょう。いるか傍受マシンです。ご協力感謝!暇なのでメールでリクエスト出したら読まれた・・函館じゃなくてただの伊達で聞いていると書いたがリアクションが無かった・・・

    shiro さんのコメント...

    秘密活動なので内密に…。

    マルチブートは失敗するとわやになる恐れがあるので、心配ならば避けておくのが吉でしょう。わたしのPuppyは、とりあえず入れといたけど、そのままほっとき状態です。

    ブログ アーカイブ